MENU

CLOSE

黒ずんでも鼻の角栓を抜いてはいけないワケと正しい対策

黒ずんでも鼻の角栓を抜いてはいけないワケと正しい対策

287views

カテゴリ:鼻の角栓

ちょっと待って!角栓を無理に抜くと鼻の黒ずみは悪化します

 

角栓を無理に抜くと鼻の黒ずみは悪化します

角栓を抜くのは気持ちいけど...

「角栓を抜くとよくないよ」とよく言われます。毛穴に詰まった角栓は、ぽつぽつと目立つので黒ずみやいちご鼻の原因になるのですが、指で思いきりつまむとニュルニュルと角栓が出てきます。いかにも汚そうな角栓は抜けるし、いちご鼻の原因もなくなります。これの何がいけないのでしょうか?

実は角栓を無理やり抜くと毛穴の黒ずみを引き起こします。角栓は皮脂や古い角質が固まったものですが、毛穴の中に溜まると毛穴を広げてしまい、見栄えを悪くします。爪やピンセットで力任せに引き抜くと、毛穴が傷つきます。お肌の美容対策というと肌の表面を考えます。しかし、毛穴も表皮の一部なので、毛穴もターンオーバーを起こせば傷つくことでの色素沈着も引き起こされます。

角栓を抜くための棒やパックも売られていますが、あれも使い方を間違えると鼻の黒ずみを作ります。普段触れない部分であっても毛穴は顔と同じようにデリケートなのだと心得てくださいね。

角栓を放置するのもよくありません

では、毛穴ケアの観点から角栓は抜かずにいてよいのか?いちご鼻として目立たないくらいであればそのまま放置して大丈夫です。いちご鼻として目立つのは毛穴が拡げられてしまった時や角栓が酸化によって黒くなった時です。また、鼻の黒ずみが気になると皮膚科を受診した時も鼻の産毛によるものが少なくありません。

もともと角栓は自然にできるものなので近くで見て分かるくらいなら気にしないでOK。しかし、悪化した角栓を放置すると、毛穴を傷める原因になります。角栓の悪化と歯普段の洗顔で落ちずに溜まってしまったもので、細菌が増えています。

角栓に潜む細菌はほぼ常在菌ですがその数が増えすぎると皮膚に悪さをしてしまいます。その中で代用的なのがニキビや毛嚢炎です。このような症状は毛穴を傷つけ、化膿させます。化膿した部分は色素沈着を引き起こすほかに毛穴を広げる原因になります。

角栓汚れは温めて泡の力で落とす

 

角栓汚れは温めて泡の力で落とす

大前提!角栓は柔らかい汚れです

角栓という名前の割に、角栓は柔らかく、熱によってふやけやすいです。これは、角栓を固めている皮脂の性質で油汚れがお湯で落ちやすいのと一緒です。そのため、角栓を落とすためには、温めて角栓と毛穴を柔らかくします。このとき、軽く揉むくらいならOKです。つぎに、洗顔料をたっぷり泡立てて鼻を優しくこすります。そうすると洗顔料に含まれた界面活性剤の力で汚れが分解されます。また、泡の力で毛穴の奥の汚れをかき出す効果もあります。

大抵の角栓はこの手順を根気よく続ければきれいになっていくでしょう。きれいになった毛穴は角栓によって開いてしまっています。このままでは汚れにさらされるので、収れん化粧水を使って毛穴をキュッと引き締めます。毛穴ケアは優しく行いましょう。

正しい洗顔はあらゆる肌トラブルに効果あり

鼻もそうですが、顔の肌トラブルの多くは「洗いすぎ」によって引き起こされています。洗えば洗うほど肌トラブルの対策どころか悪化させてしまうのは顔の肌がデリケートだからです。顔は体よりもずっとデリケートなので皮脂を完全に落とすと紫外線や乾燥に負けてしまいます。そこで、顔を洗う時は優しく、短時間で済ませることが求められますし、朝の洗顔であれば洗顔料すら不要です。

洗いすぎによって起きるトラブルは乾燥肌や顔の湿疹、そして鼻の黒ずみも代表的です。皮脂が出やすい方も洗顔料の使用は最小限に抑えましょう。皮脂の過剰分泌は肌の乾燥が原因となっているので、まずは保湿を心がけます。洗い心地が悪くても皮脂が残っていた方が美肌にはよいのです。