MENU

CLOSE

鼻の角栓対策化粧品を選ぶなら!有効成分まとめ

鼻の角栓対策化粧品を選ぶなら!有効成分まとめ

488views

カテゴリ:鼻の角栓

鼻の黒ずみの正体と原因

 

黒ずみは角栓部分の詰まり 

鼻の黒ずみの正体と原因

肌の悩みの一つとして、沢山の人が改善したい箇所が鼻の黒ずみです。化粧をしても、なかなか隠すことが出来ないデリケートな部分でもあります。試行錯誤を重ねながら毛穴ケアを行っている人でも、完全に隠すことは難しいと言えます。

その原因となっているのが角栓の詰まりです。皮脂と角質が混ざった角栓が毛穴をふさいでいる状態なのです。見た目がいちごのようなので、別名いちご鼻とも呼ばれる状態です。

角栓が出来る原因 

角栓は、色々な原因によって作られてしまいます。そして、溜まることで黒く見えてくるのです。主な原因は、紫外線によるメラニン色素の変色水分不足による毛穴の開きコレステロールや中性脂肪が酸化されて黒く見える、ニキビなどの症状が悪化したことなどが挙げられます。

一度出来ると、改善するにのは難しいです。毛穴や皮膚が角栓の状態を記憶してしまうからです。よって、対策としては、化粧品を上手に使いこなして、元の状態に戻すことで記憶を消し去ることが重要となります。

角栓対策に有効な化粧品成分

 

ビタミンC誘導体 

角栓対策に有効な化粧品成分

まずおすすめする成分は、ビタミンC誘導体です。皮脂の分泌を抑える作用があるので、いちご鼻や黒ずみ改善に重要となる皮脂コントロールに効果があります。種類が豊富ですが、皮脂が気になる人にはリン酸アスコルビルMgやアスコルビル酸グルコシドが配合されたタイプがおすすめです。

また、乾燥肌の人には、パルミチン酸アスコルビルが配合されたタイプがおすすめです。肌への浸透率が高く潤いを与える対策に有効なので、ぜひ取り入れましょう。鼻周辺は、オイリー肌と乾燥肌がはっきり分かれる場所でもあります。毛穴ケアには、乾燥や皮脂が大きく関わってくるために、自分の肌質に合わせて使い分けることがポイントです。

ピーリング化粧品 

ピーリングとは、古い角質を取り除いて角栓の詰まりを防ぐための有効な方法です。角質層を溶かして肌のターンオーバーを早めて肌再生を促す効果があります。種類も分かれており、フルーツ酸とも呼ばれるグリコール酸、サリチル酸や硫黄です。グリコール酸と硫黄が配合されたタイプは、ニキビや黒ずみ、いちご鼻対策には効果がありますが、肌への刺激もその分大きいです。

よって、使用後の保湿が重要となります。サリチル酸が配合されたタイプは、肌への影響は弱い分、効果も低いです。また、数分放置いた後に洗い流すクリームやジェルタイプを選びましょう。石鹸やこするタイプは、肌への負担が大きいので黒ずみを悪化させてしまう恐れがあります。

また、使用は一週間に一回のペースで行うようにしましょう。毛穴を刺激するために、鼻への負担が大きいからです。

セラミド配合の化粧水 

鼻の黒ずみは、老廃物である角栓を取り除き、角栓となる毛穴をふさぐことで改善することが出来ます。よって、皮脂を抑えるビタミンC誘導体、角栓を取り除くピーリング、肌を保湿する化粧水の3つを上手に活用することが対策として重要となります。保湿として使う化粧水には、セラミド成分が配合されたタイプがおすすめです。

セラミドは元々肌の中にある保湿成分の一つです。洗顔や加齢に伴い減少していきます。よって、外部から与えてあげることで保湿効果を維持することが出来るのです。肌が柔らかくなってふっくらすることで、毛穴を目立たなくさせることも出来ます。また、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された化粧水も、潤いを与えるとともに毛穴ケアにも有効です。

酵素洗顔料

化粧品どうように、毛穴ケアに重要となるのは洗顔料です。汚れをしっかりと洗い落とせるタイプを選ぶことがポイントです。そこでおすすめする洗顔料の成分が酵素です。酵素には、角質の元となるたんぱく質を分解する働きがあります。綺麗に落とすことで角栓の詰まりを未然に防ぐのです。

洗い落とす力が強いので、一日置きくらいのペースで使用しましょう。また、気になる鼻周辺のみに使用することで、他の肌への影響を防ぐことが出来ます。泡立てる際は、ぬるま湯を使用しましょう。水では酵素の働きが低下してしまうためです。