MENU

CLOSE

これで鼻を傷つけない。いちご鼻のピーリングはこう選ぶ

これで鼻を傷つけない。いちご鼻のピーリングはこう選ぶ

291views

カテゴリ:鼻の黒ずみ

いちご鼻対策!ピーリングはどう選ぶ?

ピーリングのメリット、デメリット

ピーリングのメリット、デメリット

毛穴に詰まってしまった角栓を除去したい。そんな時に役に立つのがピーリングですよね。固くなってしまった角質を落とすうえでも効果的。どちらかというと男性に需要があるのかもしれません。しかし、このピーリングには効果的なメリットがある反面意外なデメリットもあるのです。

まず、ピーリングのメリットは普通には落とせない汚れに対応できることです。いくら洗顔料が汚れを分解できると言っても手でこするだけでは限界があります。それどころか洗いすぎてかえってダメージや黒ずみの原因になることだってあるでしょう。そこで、ピーリングを使えば最小限の力で最大限に汚れが落とすことができます。ピーリングを使った後の肌はさっぱりと綺麗になるわけです。

しかし、ピーリングは指より硬い素材を使っているので固すぎる素材を使ったり、力を入れ過ぎると健康な肌まで傷つけてしまいます。とくに、ことあるごとにピーリングやスクラブ洗顔を使っている人はそれだけ肌がかさついていることが考えられます。角栓はどんな人でもできるものですし、他人から目立たないくらいの角栓であれば放っておいて大丈夫です。ピーリングはあくまで頑固な汚れ対策や大掃除の意味があるので月に1〜2回程度の使用にとどめておきましょう。

毛穴ケアは細かいピーリングがおすすめ

では、毛穴ケアにはどんなピーリングが良いのかというと細かいものです。毛穴の黒ずみには入り込んだ角栓の黒ずみとメラニンの黒ずみの二つが考えられます。特に鼻は毛穴が大きく目立ちやすいので、鼻をつまんだりこすったりといろいろしてしまいます。

しかし、角栓を落とすためには毛穴の奥に入っていけるようなピーリングを選ばないと解決しないのです。固さも鼻を傷つけないように柔らかいものから試すことがおすすめです。固すぎるとちょっとの力で肌が傷つきます。

今は天然素材が当たり前!

ピーリングと言えば一昔前はプラスチックでしたが、今は天然素材が当たり前。プラスチックの場合は肌に悪いだけでなく海に流れて環境問題にもつながるようです。そこで、考えられる素材はこんにゃく、米ぬか、砂糖、重曹、火山灰、泥など。この中であればこんにゃくが一番柔らかく火山灰と重曹が最も固いです。

特に重曹は歯の汚れも削れるほどの威力なので使い方を考えたいところです。ちなみに、こんにゃくや米ぬかは粒の大きさが選べますし、火山灰は汚れの吸着しやすい性質があります。ただし、使いすぎると毛穴を詰まらせます。

いちご鼻、初期段階なら洗顔を変えるだけで対策できます

ゴシゴシ洗顔は毛穴ケアにならない

いちご鼻、初期段階なら洗顔を変えるだけで対策できます

このように、ピーリングを選ぶなら細かくて肌を傷つけないものが良いのですが、多くの角栓はピーリングを使わずに十分落とすことができます。それは、角栓が熱で柔らかくなるからです。確かに「角栓が脂で溶ける」というのはウソですが、3割くらいは皮脂でできているので温めれば柔らかくなるのは間違いありません。油汚れもお湯の方が落ちやすいですよね。そのため、多くの角栓はたっぷりの泡で力を入れずに洗い落とせるのです。

逆に力を入れて洗顔すれば肌に必要なバリアまでも壊れてしまうので鼻の黒ずみどころか肌トラブルにまで発展しかねません。

優しい洗顔は肌トラブルも解決する。

肌トラブルの中で特に気を付けたいのは乾燥肌です。乾燥肌は最も肌がダメージを受けやすい状態で、皮脂の過剰分泌を引き起こすからです。皮脂が過剰分泌された状態をオイリー肌といいますが、オイリー肌の多くは乾燥を補うために肌が頑張っている状態なので、こちらもやさしく皮脂を洗い落とすくらいでいいのです。優しく、肌に潤いを残す洗顔をしていれば肌は回復し、毛穴も引き締まります。そうすれば毛穴が開いていた時より黒ずみも目立たなくなるでしょう。