MENU

CLOSE

角栓だけが原因じゃない!?タイプ別の毛穴の黒ずみ対策

角栓だけが原因じゃない!?タイプ別の毛穴の黒ずみ対策

294views

カテゴリ:鼻の黒ずみ

毛穴と毛穴の黒ずみについて知ろう

毛穴とは?

毛穴と毛穴の黒ずみについて知ろう

毛穴とは読んで字のごとく『毛が生える為の穴』を意味します。しかし実は毛穴には3種類存在する事をご存知でしょうか。毛根が生える『終毛性毛包』と、産毛などが生える『軟毛性毛包』、皮脂腺が発達した『脂腺性毛包』の3種類です。その内、毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを起こすのが、この『脂腺性毛包』です。

毛穴の役割とは?

オイリー肌の人や毛穴の黒ずみに悩む人にとっては厄介者である毛穴ですが、毛穴には美容に欠かせない役割があります。まず皮脂を分泌する事で肌全体にバリアを張り、外的刺激から肌を守ってくれます。また体内の老廃物を皮脂や汗と共に排出する、デトックス機能もあります。

毛穴の黒ずみとは?

毛穴の黒ずみには、大きく分けて3つのタイプが存在します。

  • 毛穴詰まりタイプ

古い皮脂やタンパク汚れ、落とし切れなかったメイク等が毛穴に詰まり、広がってしまっているのがこのタイプです。毛穴の中に固まった汚れが角栓の様に詰まっているので、毛穴の広がりが目立ち、メイクでは誤魔化しにくいのが特徴です。特に鼻やおでこなどの皮脂が多い場所に出来やすく、いちご鼻などはこのタイプが原因であることが多いです。

  • 弛み毛穴タイプ

肌の乾燥や加齢によるハリの減少によって毛穴が開いてしまっているタイプです。特に乾燥肌の人に多く、鼻よりも頬などの毛穴が目立つのが特徴です。角栓が原因であることは少ないので、毛穴パック等の角栓除去ではあまり改善は期待できません。毛穴詰まりタイプとは対策が異なります。

  • メラニン毛穴タイプ

紫外線などの影響で毛穴が黒ずんでしまっているタイプです。こちらのタイプは毛穴そのものにメラニンが蓄積されて黒ずんでいる為、角栓を取り除いてもあまり改善が見られません。鼻や頬など、様々な箇所に出来る黒ずみで、紫外線以外にも、過剰なスキンケアやゴシゴシ洗いでの洗顔が原因でも起こります。

タイプ別の毛穴の黒ずみ対策

毛穴詰まりタイプ

このタイプは毛穴に『角栓』と言う汚れが詰まっている為、角栓を除去する毛穴ケアが有効です。しかしだからと言って指で押すのは、絶対にいけません。肌が傷つくと毛穴詰まりは悪化し、いちご鼻の原因にもなります。角栓を除去するにはクレンジングや泡パックが効果的です。最近では専用の吸引機なども販売されていますので、試してみるのも良いかもしれません。

弛み毛穴タイプ

肌の張りが失われたことによる弛みが大きな原因の為、保湿などで肌を潤す事が毛穴ケアの第一歩です。このタイプは乾燥肌が多く、皮脂の過剰分泌を起こしている場合も多いですが、保湿はしっかり行ってください。オイリー肌だからと言って保湿を怠ると、肌を潤す為に余計に皮脂が分泌されてしまいます。

またビタミン豊富な食事や、適度な運動を生活に取り入れる事も大事です。特に運動は新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを正常にする効果が期待できますので、積極的に取り入れる様にすると良いでしょう。

メラニン毛穴タイプ

タイプ別の毛穴の黒ずみ対策

このタイプはメラニンによる色素沈着が原因の為、角栓が無かったとしても毛穴が黒ずみます。美白効果のある化粧水や日焼け止めなどを用いて、紫外線対策を行う様にします。しかし色素沈着は日焼け以外にも、肌への強い刺激によって起こります。より優しいケアを心がける様にして下さい。

このタイプはピーリングによる古い角質の除去などでも黒ずみが改善し易いですが、肌の弱い方には逆効果になる可能性もある為注意しましょう。また先に述べたように、適度な運動は肌のターンオーバーを促進し、新しい肌を生み出してくれるので積極的に取り入れる様にしましょう。