MENU

CLOSE

洗顔だけでも改善できる?鼻の黒ずみケアの為の洗顔方法とは

洗顔だけでも改善できる?鼻の黒ずみケアの為の洗顔方法とは

480views

カテゴリ:鼻の黒ずみ

洗顔だけでも鼻の黒ずみは改善することがある

 

鼻の黒ずみは、なかなか改善しないしつこいものであることが多いので、ついつい色々な毛穴ケアをしてしまうものです。でも、実は洗顔だけでも、しつこいいちご鼻は改善されたりするものなのです。鼻の黒ずみを改善するための正しい洗顔方法とはどのようなモノになるでしょうか?

夜だけ洗顔料をつかって洗顔する

洗顔だけでも鼻の黒ずみは改善する

基本的に人は、朝晩2回洗顔をすることが多いでしょう。でも、朝晩2回しているその洗顔が、いちご鼻の原因となっている可能性があるのです。洗顔というのは、基本的には汚れを落とすためのものです。だから、朝あまり汚れていない状態で洗顔料を使ってしまうと、余分でない皮脂などまで落としてしまい、乾燥の元となることがあるのです。

そうして乾燥が生まれてしまうと、肌は少しでもそれを補おうとして、皮脂を過剰に分泌するようになります。それが酸化して角栓ができ、鼻の黒ずみが生まれてしまうのです。だから、それを改善するために、洗顔料を使うのを夜だけにするのです。するとそうなることはなくなるでしょう。朝は水だけの洗顔で十分なことが多いのです。

夜は一日の汚れを落とさないとならない

夜に洗顔料を使うのは、一日の汚れを落とさないとならないからです。夜眠っていただけの状態の朝に比べて、夜というのは、一日分の汚れや皮脂が顔に付着しています。だから、夜にも水だけの洗顔にしてしまうと、汚れが落ち切らず、今度はそれが原因で鼻の黒ずみが生まれていくようになってしまいます。なので、夜にはしっかりと洗顔料をつかって洗顔をする必要があります。

30度から32度くらいの水で洗顔をする

また洗顔は、やや冷たい温度で行うという事も大切になります。それは夜でも朝でも同じことです。あまりにアツい温度のお湯で洗顔をしてしまうと、それによっても皮脂が取れすぎてしまうことがあるのです。そうして皮脂が取れすぎてしまうのであれば、朝晩2回洗顔料を使わなくした意味がなくなってしまいます。

だから、水はやや冷たい位の温度のものを使用してください。やや冷たい位の温度とは、具体的には30度から32度くらいになります。そのくらいの温度が一番ちょうど良く皮脂を落としてくれます。

毛穴は開いてから洗う

毛穴ケアの為の洗顔では、毛穴をしっかりと開いてから洗わないとなりません。もちろん朝晩両方ともしっかりと毛穴を開いて洗う必要はありません。それをするのは夜だけで問題ありませんが、夜はしっかりと毛穴を開くべきです。では、どうすれば毛穴を開くことができるでしょうか?毛穴を開くためには、蒸しタオルを使うと良いでしょう。まず、水にぬらしたタオルを電子レンジなどに入れて軽く温めて、ヘアサロンなどで洗髪後に渡されるタオルくらいの温度にしてください。そしてそれを鼻のあたりにあてて、そのまましばらくキープします。そうして毛穴が開いたら、洗顔をするのです。こうしたひと手間の対策が、洗顔のクオリティをグッとあげてくれて、洗顔だけでも正しく毛穴ケアできるようになります。

すすぎもすごく大切

 

すすぎもすごく大切

鼻の黒ずみ対策の洗顔では、すすぎもすごく大切になります。すすぎをしっかりと行っていないと、結果またそれが原因で鼻の黒ずみが起こったりするのです。

すすぎは洗顔の倍以上時間をかけて

原則として、すすぎは洗顔の倍以上の時間をかけて行うようにしていきましょう。完全に顔から泡が落ちていると思っても、開いた毛穴の中にもし泡や洗顔料の成分が残ってしまっていたら、それは間違いなく毛穴を開かせてしまいます。だから、洗顔で汚れを落とす時以上に時間をかけて、じっくりと、そしてしっかりと泡を落としていかないとならないのです。