MENU

CLOSE

鼻の角栓って取りたいんだけど、取ってはいけないの?

鼻の角栓って取りたいんだけど、取ってはいけないの?

187views

カテゴリ:鼻の角栓

角栓自体は悪くない

角栓ってご存知ですか?ご存知ですよね。顔の毛穴に詰まったブツブツのこと。皮脂や角質が固まった毛穴に詰まっている状態を角栓って言います。

角栓はニキビの原因になりますが、毛穴を外部の細菌から守ってくれるという働きもあります。角栓なんて嫌い!角栓は全部取ってしまえ!ということではなく、問題は毛穴全体をふさいでしまう程大きくなる角栓がいけないのです。

角栓取りで負のスパイラルが・・・

角栓は肌のターンオーバーと共に自然に取れていくものです。皮脂や角質ですから、時が来ればはがれて行ってくれます。時を待たずしてはがそうとするので、皮膚が過剰に反応して余計な皮脂や角質を作り出そうとしてしまいます。余分な皮脂を作るわけですから、以前よりも大きな角栓が出来てしまうということにつながるのです。

大きな角栓が出来てしまったら?

角栓が出来てしまうと気になりますから、角栓をまた取る。角栓を取ると、皮膚に刺激が起こるので、それを防ごうとして体は自己防衛本能が働き、また皮脂や角質をたくさん出そうとする。この繰り返しで、体の自然なターンオーバーを崩してしまい、余分な皮脂・角質が常に生まれている状態になります。

まさに、角栓取りの負のスパイラル・・・気を付けて下さいね。

大きな角栓が出来てしまったら?

とはいうものの、大きな目立つ角栓が出来てしまったら取りたくなりますよね。毛穴パックとか、ピンセットで抜くとか・・・角栓を取る時は気持ち良いのですが、その後のことをしっかり考えて下さいね。毛穴は大きいまま残ってしまいますし、ばい菌が毛穴に入ってしまう可能性もあります。

では大きな角栓が出来てしまった場合の正しい対処の方法はどうすれば良いのでしょうか。大きな角栓をいきなり取るのではなく、小さくしていくのが正解です。生活習慣の改善を行い、正しいスキンケアを心がけましょう。正しい対処を行えば、1ヶ月程度で大きな角栓は改善されていくはずです。

角栓予防と対策

角栓の予防と出来てしまった場合の対策ですが、生活習慣の改善と肌の正しいケアを行ってください。

正しいスキンケアで角栓予防

スキンケアで最も気にすべきは「洗顔」ではないでしょうか。間違った洗顔法を行えば、逆効果になってしまいます。正しい洗顔法は、手で強く擦るのではなく、たくさんの泡で包み込むように洗うこと。刺激を与えて汚れを落とすのではなく、泡のチカラで清潔にするイメージです。

角栓が出来てしまっている場合は、クレンジングオイルを使うのも効果的です。ゴシゴシ強く洗うのではなく、優しく包み込むようにマッサージしていく感じの洗顔を心がけて下さい。

角栓予防に生活習慣を改善する

角栓予防に生活習慣を改善

生活習慣を改善するのは、当たり前です。ただ、それが出来るかどうかはまた別問題ですけど・・・良いとされる生活習慣を一応掲載しておきます。出来るなら守ってくださいね。

  • 脂肪分の少ない野菜中心の食生活を送る
  • 22時~2時まではちゃんとねる。十分な睡眠をとる。
  • ストレスを受けない生活
  • 適度な運動を行う

若い女性には難しいものばかりですねw

これは角栓だけに効果があるのではなく、健康になる為に必要なことでもあります。無理だと決めつけずに可能な限り実践してみましょう。美容面でも効果が出てくるでしょう。