MENU

CLOSE

こんな方法はダメ!間違った角栓除去方法

こんな方法はダメ!間違った角栓除去方法

256views

カテゴリ:角栓除去方法

角栓をピンセットで除去は間違いです

 

角栓をピンセットで除去は間違い

角栓をピンセットで引き抜いたり、角栓を押し出したりして除去することは間違いですのでやめましょう。ピンセットで角栓を抜く際に失敗すると、毛穴の周りの皮脂組織を破壊して色素沈着の原因となりますので注意が必要です。

無理矢理引き抜くと毛穴が余計に広がる恐れもありますので注意が必要です。脱毛する際にも無理矢理毛を抜くとかえって毛穴が目立つようになることがあるかと思いますが、それと同じことです。

ピンセットで無理矢理引き抜く除去方法は間違いであるといえるでしょう。また、ピンセットと同じように爪でぎゅうぎゅうと押し出すことも間違いです。爪で強く絞り出して角栓を除去することもお薦めできません。

毛穴パックで角栓除去のやり過ぎは間違いです

毛穴パックで角栓除去のやり過ぎは間違い

手軽に毛穴のケアが出来るグッズとして、鼻用の毛穴パックははがした後に角栓が沢山ついていて除去されている感覚が気持ちいいと癖になって頻繁にやる人も多いものですが、間違いといえるでしょう。

毛穴パックは角栓のみならず、肌に大切な角質層まではがしてしまうためやりすぎは禁物です。角質層には肌の水分を守ったり、外部からの異物から肌を守る役割があるため。除去されてしまうと角栓の出来やすい肌になってしまいます。

毛穴パックは肌トラブルを引き起こすこともあるため使いすぎは禁物。例えば、紫外線から肌を守り切ることが出来ず、シワやシミが出来やすい肌をつくってしまったり、菌が増殖してニキビや吹き出物が出来やすい肌になってしまいます。

洗浄力の強い洗顔で角栓除去は間違いです

 

毛穴は肌と肌の間の隙間のことをいいます。肌が乾燥によってしぼんで、厚みがなくなってしまうと毛穴が目立つようになってしまいますので、洗顔力の強いものを使用する肌が乾燥してしまいます。

毛穴に汚れがこびりついて角栓になったり黒ずみが出来てしまうのも、肌の乾燥が原因といわれています。毛穴の開きも黒ずみも角栓も全て肌の乾燥が大元の原因であると言われています。

そのため、肌を乾燥させないことが角栓予防の一番大切なことであるといえます。毛穴の汚れを除去すると毛穴を痛めつける原因となりますので間違いといえるでしょう。無理に毛穴を汚れを除去するタイプのスクラブ洗顔や溶解力の強い洗顔料、酵素洗顔などの強力なクレンジングによる洗顔はボロボロになっている毛穴をすり減らしてしまいます。

一時的に毛穴が綺麗になったように見えますが、ダメージを受けた毛穴は今まで以上に荒れてしまい、毛穴の開きや黒ずみが悪化してしまうため、よくありません。